2017年3月12日日曜日

福田大規模林道除雪完了(3月12日)比婆山連邦ビューポイント

冬季通行止の福田大規模林道,予定では3月14日まで通行止となっていたが,今日様子を見に行くと除雪が完了していた。先日の雪が残っていたので3月になった段階で早めに除雪が終わっていたようだ。林道終点まで行くと森脇・熊野間の除雪も終わっていた。

昨日吾妻に上がった時は車道に雪はほとんどなかったが,ここはしっかり残っていた。雪解け水でツルツルの氷も張っているので冬用タイかチェーンが必要。


福田大規模林道は比婆山連邦,猿政山方面が手軽に楽しめるビューポイント
樹木が大きくなって車道からは10数年前のような景色が見られなくなっているが,この時期は崖の雪の上を登って普段見られない景色を見ることができる。

吾妻山・大膳原・烏帽子山・御陵・池の段

吾妻山・大膳原・烏帽子山・御陵(左)吾妻山(右)

大万木・毛無山・大毛無山

猿政山

猿政山・毛無山方面

○立烏帽子方面の除雪状況の確認もした
立烏帽子駐車場への車道は途中まで除雪してある

立烏帽子への分かれ道,右写真の上の道を奥に進む

ここまで除雪してある。狭いので大きな車は回すのが難しい。
少し下の大曲が広いので登るならここに停めるのが良い。

2017年3月11日土曜日

吾妻山(広島県庄原市比和町)へ登る。3月11日山スキー

2017年3月11日,吾妻山(広島県庄原市比和町)
休暇村吾妻山ロッジまでの除雪が済んでいたので,吾妻山山頂まで登った。(山スキー)
道路にほとんど雪はないが,雪が溶けて凍っているところがあるので冬用タイヤまたはチェーンが必要。また,雪の壁が崩れることもあるのでスコップを持っておくのが良い。

比婆山古道から比婆山を目指すなら駐車スペースを確保するためにスコップが必要。



休暇村吾妻山ロッジ(冬季休館中)
現在休館中なので建物の中へ入れない。(トイレは使えない)

吾妻山ロッジ

休暇村前から見た吾妻山山頂

原池と小坊主

原池から見た小弥山(左写真)猿政山・毛無山(右写真)


小坊主から見た吾妻山山頂

小弥山から見た猿政山方面

小弥山から登ってきた跡,奥に見えるのは高野方面の山並み

山頂手前から見た山頂までの雪庇(左)山頂と比婆山方面(右)


山頂へ続く雪庇

吾妻山山頂

休暇村方面の眺望

南の原方面の眺望

大膳原,烏帽子山,御陵,立烏帽子,池の段

南の原方面(左)休暇村方面(右)

今日の山頂から休暇村方面への滑走ビデオ


以前のビデオ

山頂から休暇村方面への滑走


山頂から南の原方面への滑走

2017年2月17日金曜日

ひろしま県民の森スキー場の不整地急斜面を滑る

 今日,広島県民の森スキー場のコースガイドを見ていたら今まで思っていたのとはコースの名前が違うことが分かった。第3ペアリフト終点の左上の急斜面最上部の左側がブナコースで右側がカエデコースだと思っていたのだが,ここはブナコースなんだね。
 この図はイメージ図で実際の感覚とのズレがかなりある。コースの色だけ見ているとそれぞれのコースが独立してあるように思えるが,実際は同じゲレンデを分けてコースにしている。このスキー場を知らない人が見たらきっとゲレンデがたくさんあると勘違いするだろう。

今日紹介するのは,この図のブナコースの右側急斜面。(カエデコースの上のコース)



今シーズンのひろしま県民の森スキー場は雪が多く,ブナコースの最上部の急斜面に圧雪車が入っていない。
この日は急斜面の掘れた不整地の上に新雪が薄く積もっており,人がどんどん入った後は雪が重たく,結構ハードなコンディションとなっていた。が,人があまり入らない端の方は結構楽しめた。



深雪を滑るにはこのストックが必要,バスケットが小さい物はストックが突き刺さってバランスを崩す原因となる。深雪用のバスケットならしっかり支えることができ安定した滑りができる。

BC伸縮ポール ストック ブラックダイヤモンド Black Diamond traverse トラバースポール バックカントリー ツアー (-):





2017年2月11日土曜日

烏帽子山からブナ純林を通ってスキー場へ(山スキー)

 2017年4月4日,スキー場から御陵経由で烏帽子山への登り,ブナ純林を通ってスキー場へ下りた。(山スキー)

烏帽子山からブナ純林を通ってスキー場へ



 烏帽子山と御陵の鞍部からブナの純林を抜ける歩道がある。烏帽子山経由、ブナ純林歩道で初夏の様子を紹介している。
この歩道の辺りを通りながらスキー場へ下りることにした。


烏帽子山から道後山方面の眺望

吾妻山・猿政山

大山・毛無山・伊良谷山・牛曳山

鞍部から少し下った所

鞍部

鞍部の1200m辺りから下りすぎないように御陵の下辺りまで進んだ。
鞍部の辺りから下るとスキー場に行くのが大変になるので注意。

鞍部から御陵方面に進むとすぐに巨岩が2つある。
左の岩が先にありその先に右の岩がある。この岩を目安に進むと良い。



今回の山行で使ったスキーシール

Gecko Freeride splitboard 170cm×140mm スキーシール スプリットボード
このシールは取り扱いがとても簡単。シールを外した後はシールの接着面を合わせてたたむことができる。
上り下りが連続する場合,途中で付け外しすることもできる。付ける時は,たたんだシールを伸ばしてスキーのソールに押さえつけるだけ。
今回は付けたままでスキー場まで下った。吾妻山の山頂まで登った時などは,山頂で外して一気に滑り降りる。





2017年2月9日木曜日

比婆山御陵から烏帽子岩へ(山スキー)2月4日

2017年2月4日,スキー場終点ミズナラコースの右端(山に向かって)から登った。
御陵での昼食後烏帽子山へ登り,その後ブナ純林を抜けてスキー場へ下りた。

歩いたコースは下の地図の通り。御陵から鞍部までの黄色線はSUNNTOのGPSが一時停止になっているので正確ではないが,登山道の右側を大体こんな感じで歩いている。




御陵から烏帽子山へ

比婆山御陵を出発(11:48)

烏帽子に向かって登山道の左へ進んだ。端まで行くと見晴らしがいい。

毛無山・伊良谷山から大山まで綺麗に見える。

ブナの巨木

ブナ純林を行く





烏帽子山の平坦な部分の御陵側からの眺め,吾妻山,猿政山

大山,毛無山,伊良谷山,牛曳山,道後山方面

左の写真(右端が御陵),右写真(山頂方面)


烏帽子山山頂へ到着(12:55)